http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1491311985/

酒


1 :名無しさん@おーぷん:2017/04/04(火)22:19:45 ID:H9F() ×
清酒ってがぶ飲みできたっけ


2 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:20:10 ID:beu ×
どぶろくだよ


8 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:22:50 ID:H9F() ×
>>2
そんな濁ってるイメージがない



12 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:26:01 ID:beu ×
>>8
それは、酒が濁ってるイメージをもってるかどうかの問題でしょ
白や薄い水色を見て水と同じ透明と思うか、濁りと思うか



3 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:20:43 ID:usQ ×
清酒は鴻池伝説以降


5 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:21:45 ID:OgF ×
当時の日本酒は水で薄めて飲んでたんやで


7 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:22:24 ID:usQ ×
>>5
それは江戸末期以降の大量生産できるようになってからの話



6 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:21:52 ID:usQ ×
昔は自然発酵やしせいぜい数パーセントのアルコール濃度しか無理やろなあ


13 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:26:05 ID:H9F() ×
>>6
そういやがぶ飲みしてるわりにはそんな酔っぱらってないもんあ



15 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:28:12 ID:H9F() ×
アニメの表現とはいえ水みたいにがぶ飲みしてるのは変だな~と思ってました
それでいて美味しそうに飲んでるし



17 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:29:24 ID:usQ ×
アルコール度数を高められるようになったのは
マニュファクチャーのおかげだからなあ
昔話で出てくるようなのは自家醸造で限界があるわな



20 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:31:05 ID:H9F() ×
口噛み酒なんて昔からあるけどもやっぱ日本の酒って強いイメージねえな


23 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:32:24 ID:usQ ×
>>20
日本に限らず自然酵母をいくら人間が制御したところで醸造では度数20度は越えないよ



25 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:33:12 ID:w2A ×
だいたい戦国時代あたりに主流が濁り酒から清酒に変わったはず
とはいえ濁り酒も安価で手軽な酒として流通していた
昔話がどの時代かによって酒のタイプも変わるんだろうけど



27 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:33:56 ID:usQ ×
>>25
清酒は江戸期に入ってからちゃうか



30 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:35:35 ID:w2A ×
>>27
清酒自体は昔からあったけど
儀式用だったり高価だったりして
主流が切り替わったのが確か中世末期だった……はず
おぼろな記憶で済まんが



35 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:37:11 ID:usQ ×
>>30
まあ主流ではないのは確かって話やな



40 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:40:12 ID:w2A ×
>>35
それに25でも書いたように安価で手軽な酒として濁り酒も普通に流通してたから
樵や農民などが気軽に大量にがぶ飲みできるとすれば
江戸時代でも、やっぱ濁り酒だったんだろうな



44 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:42:29 ID:usQ ×
そもそも米自体貴重品やからなあ
飯として食わんとわざわざ発酵させるんやから
そら特別な飲み物よ



49 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:46:00 ID:H9F() ×
>>44
たまに
農民の癖に毎日飲んでは寝てばかりの~とかいうくだり考えると
結構安価に手に入るんじゃ(時代によるかもだけど)



53 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:47:14 ID:usQ ×
>>49
酔いを求めて食うための米をつかってどぶろく造りにまわしてたと考えるべきやろな



48 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:44:59 ID:4QD ×
ブータンには小豆を使った酒があるそうな
日本にも昔はあったんとちゃうか

14度とか素人には難しいで



50 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:46:06 ID:usQ ×
>>48
理屈からいえば糖と酵母があれば何からでも酒はできる



52 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:47:04 ID:H9F() ×
>>50
人類初の酒は蜂蜜酒だもんな
水と蜂蜜だけでできる



57 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:49:05 ID:w2A ×
>>50
竪穴式住居からも酒作り用の穴が発見されてるそうだしな
縄文時代から既に
「うっほうっほ、酒うっほ!」「酒作るうっほうっほ!」
とやってたと思うと感慨深いな



61 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:51:26 ID:LLH ×
江戸時代には、今でいうカクテルみたいなのが既に出来てたとかなんとか


64 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:52:34 ID:usQ ×
>>61
柳陰とか本直しのことかな?
味醂を焼酎で割るんや



65 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:54:05 ID:4QD ×
貴醸酒もある意味日本酒と日本酒(仮)のカクテルとも言えるのかなあ


71 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:58:37 ID:usQ ×
>>65
あれはお上がつくったからリキュールではなくて清酒なんやなあ
んで貴醸酒名乗ろうと思ったらちょっと利権あったりするんや
再仕込清酒とかの名称で売ってるところは利権から外れたとこや



74 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)23:00:35 ID:cPI ×
糖分に唾入れときゃアルコールになるだろ?


78 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)23:02:20 ID:usQ ×
>>74
唾液には酵素はあっても酵母がない



76 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)23:01:15 ID:w2A ×
蒸留の技術が入ってきて焼酎作れるようになったのはいつ頃だったっけ?
確か琉球から九州に入ってきたんだよな



79 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)23:03:08 ID:usQ ×
>>76
琉球にはベトナムやタイから渡ってきた



80 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)23:03:26 ID:MCw ×
鎌倉時代かなんかの武士が友達と酒飲もうと思ったら探しても何もつまみなくて
皿の端っこに付いてた味噌舐めながら酒飲んだ話好き



82 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)23:04:36 ID:w2A ×
>>80
徒然草だったか
何か太古の昔から現代まで常に酒に絡んだエピソードがあるよな



72 :名無しさん@おーぷん :2017/04/04(火)22:59:37 ID:H9F() ×
日本昔ばなしに出てくる酒は濁り酒ってことが分かったんですっきりしたありがとう




オカルトです。

長編(改行編集してないので見にくいかもです。PC閲覧推奨)

一人隠れんぼ

(12記事)

泉の広場の赤服女

(4記事)

くねくね

(6記事)

笑い女

(18記事)

笑う看護婦

(2記事)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する