http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495068916/

社会


1 :◆qQDmM1OH5Q46:2017/05/18(木)09:55:16 ID:???
水道なしで10年生活 工事費負担拒否、引くに引けず…


 集落の簡易水道を上水道に切り替える際、水道の配水管から家庭まで引き込む給水管工事の受益者負担はおかしいと拒否し、
自宅で水道水を10年間も使えないでいる男性が新潟県佐渡市にいる。「我慢も限界に近い」という男性に対し、
市は「受益者負担の原則」との姿勢は崩さない。工事の際に意見が対立し、今も主張は平行線のままだ。

 この男性は、同市両尾地区に住む元建設業、岩脇紋三郎さん(81)。自宅の台所には、水が入ったペットボトルが
何本も置かれている。水道のない暮らしぶりが伝わってくる。

 岩脇さんや佐渡市によると、両尾地区と羽二生地区の146戸で使用してきた簡易水道を上水道に切り替える工事が
始まったのは2003年。佐渡市に合併する前の旧両津市による上水道の配水管(本管)拡張の一環で、
旧両津市は条例にある受益者負担の原則に基づき、配水管から家庭に引き込む給水管工事の一部負担を要求。
集落は水道整備組合を作り、各家庭は約20万円を負担したという。

 旧両津市議を務めた経験もある岩脇さんは「おかしい」と訴えた。岩脇さんによると、04年に10市町村が
合併して誕生した佐渡市の中で、旧両津市、旧相川町の一部を除く他の町村では給水管工事は自治体が負担してきたという。
「同じ島なのに平等性を欠く」と反発し、負担金を支払うのを拒否した。

続き 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK5J4DVLK5JUOHB003.html



2 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)09:58:43 ID:WNH ×
ほう、ウオシュレット抜きトイレですか


6 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)11:29:38 ID:5XQ ×
>>2
大したものですね



7 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)11:34:14 ID:eBI ×
水道事業が民間委託に移っているんだよな。
民間になったら、全額自己負担になったりして。



8 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)11:36:52 ID:Q7J ×
限界に「近い」ってことはまだまだやれるでしょ。
いいんじゃないそのままゴネてれば。



9 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)11:39:13 ID:5gq ×
今までやってきたんだ、今後も頑張れ
他の人は負担してるんやろ
どこにでもこういう偏屈な人いるね



11 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)11:43:12 ID:rQW ×
トイレもそうだけど洗濯風や呂どうしてんだ


12 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)11:44:45 ID:rQW ×
>>11
洗濯風や呂 ×
洗濯や風呂 ○



13 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)12:15:20 ID:eBI ×
>>12
田舎なんだよな。
近くに水路があるとかじゃないかな。
風呂は風呂屋?またはもらい風呂? 昔のように桶で組むとか。
昔の田舎は、井戸の水を水道みたいに引いていたよ。



14 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)12:20:00 ID:rQW ×
>>13
そう言う事ね
それなら体力的に辛くなって来たからって納得いくね



15 :名無しさん@おーぷん :2017/05/18(木)12:55:10 ID:6Aa ×
上水道は何とかなるかもだが下水道もしくは処理槽は本当に有り難いとしみじみ思う。
電気ガス水道よりも大事なインフラ。
もし無かったらとか考えたくもない。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する