http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494368255/

食事


1 :■忍法帖【Lv=5,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX.:2017/05/10(水)07:17:35 ID:mrM() ×
◆腹が減っては… 隊員たちのパワーを生み出す陸自「野外炊具1号」と海自「炊事車」
[産経ニュース 2017.5.10 07:00]



 日本を守る自衛隊には戦車や護衛艦、戦闘機をはじめとする強力な装備品が
そろっているが、それらを動かすのは一人一人の隊員たちだ。その彼らが
持てる力を最大限に発揮するには日々の食事が重要なのは言うまでもない。
陸上自衛隊の「野外炊具1号」や航空自衛隊の「炊事車」などは、野外で部隊が
活動しても温かい食事を提供できる優れもの。士気高揚への貢献は無視できず、
災害派遣でも被災者に元気を与える頼もしい存在だ。

 陸自が保有する「野外炊具1号」はトラックなどで牽引でき、6個の大型かまどや
発電機、野外冷蔵庫といった調理器具を搭載。今から半世紀以上前に登場し、
時代の趨勢に合わせて2度の大幅なモデルチェンジを施された。最新型は
平成22年に配備された「野外炊具1号(22改)」で、普通科中隊に相当する
約200人分の食事を一度に作ることができる。

 かまどは取り外し可能で、部隊が分かれて活動するときには分隊ごとに
調理器具一式をトラックなどに積んで持ち運ぶこともできる。牽引式の利点は
トラックの荷台を占有せず、荷降ろしも不要で迅速に食事作りに
取りかかれる点にある。

 1号の大型かまどはバーナーで下から加熱することができる。飯炊きや汁物、
煮物などのほか、かまどの上に蓋をするように底の浅い釜を置けば、揚げ物や
焼き物、炒め物も調理できる。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/premium/news/170510/prm1705100007-n1.html



12 :名無しさん@おーぷん :2017/05/10(水)17:18:40 ID:1V1 ×
何だこれ?
見出しだと「海自」になってるが、本文だと「空自」になってるぞ


(※たぶん空自が正しいのかな)


3 :名無しさん@おーぷん :2017/05/10(水)07:23:01 ID:Q9d ×
御嶽山大噴火の時には、本当に御世話になりました。


4 :名無しさん@おーぷん :2017/05/10(水)07:32:23 ID:7AA ×
戦闘時にしろ災害時にしろインフラが整ってない状況で多くの人間に短い時間で継続的に食事を提供する能力は本当に大事だよな
これが簡単なようで意外と難しい
衛生面や栄養面も考慮しないといけないなら尚更



8 :名無しさん@おーぷん :2017/05/10(水)09:28:08 ID:Rld ×
俺なんか、いつかお世話になるだろう

静岡県民だからな



14 :警備員◆OQUvCf9K4s :2017/05/10(水)17:36:34 ID:1CN ×
野外炊具の先輩
九七式炊事自動車
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E4%B8%83%E5%BC%8F%E7%82%8A%E4%BA%8B%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A



7 :名無しさん@おーぷん :2017/05/10(水)08:56:47 ID:85b ×
前回は補給や給食を疎かにして負けたからな。


15 :警備員◆OQUvCf9K4s :2017/05/10(水)17:42:42 ID:1CN ×
>>7
少なくとも海軍に関しては、「間宮」とか「明石」があったので全く考えていなかった訳では、無い。

ただ当時の軍部がこうした補助艦艇の損失が時に戦艦以上の損失になると考えていなかったのかもしれない。



18 :名無しさん@おーぷん :2017/05/10(水)18:27:35 ID:zKA ×
以前、ニュースかなにかの取材で見たな。
担当隊員が「火加減が大切です!」とか言って覗き窓を見ながら火の調節してた。その目付きが真剣そのもので、頼もしさに和んだわ




オカルトです。

長編(改行編集してないので見にくいかもです。PC閲覧推奨)

一人隠れんぼ

(12記事)

泉の広場の赤服女

(4記事)

くねくね

(6記事)

笑い女

(18記事)

笑う看護婦

(2記事)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する